電子書籍は紙の本より目疲れするのか?

電子端末にて漫画、コミック、書籍を読むの電子書籍です。部屋のスペースを必要とせずに大量の書籍を補完できたり、デジタルデータなのでいつでも、どこでも漫画・コミックを読めることから利用するユーザーも増えてきています。

そこで噂になっているのが「紙の本より目疲れするのでは?」なんてこと。

正直、長時間の読書は目疲れします。でも電子書籍だけではありません。紙の本だって長時間の読書をしていると目は疲れてくるはずです。電子書籍だけ特別なわけではないのです。

紙より目疲れしやすい噂がたつ理由はディスプレイが発光するブルーライトに原因があります。

ブルーライトは紫外線に最も近いエネルギーを持つ光と言われています。このブルーライトはスマートフォン、タブレット、パソコンなど端末やデバイスによって異なりますが発光されています。

電子書籍による目の疲労を軽減させる方法

電子書籍による目の疲労を軽減させるには主に3つの事柄を意識する必要があります。

  • 文字を大きくする
  • 画面の明るさを調整する
  • ブルーライトをカットする

文字を大きくする

紙媒体の漫画・コミックに慣れていると最初は電子版の文字は小さく感じるかもしれません。

そういった場合、デジタル端末だからこそ可能な機能を利用すると良いです。主にディスプレイをピンチイン、ピンチアウトすることによって画面を縮小、拡大させることができます。

この機能を利用して文字を調整することで端末から目を離した状態でも読みやすい環境に整えることができます。

画面の明るさを調整する

画面を明るくするほど目に与える刺激は強くなります。ブルーライトの発光量も同じ。

長時間、画面を見ていても目がチカチカしない程度にディスプレイの明暗調整を行いましょう。

ブルーライトをカットする

ブルーライトをカットする方法としては電子端末に機能がある。またはブルーライトをカットするメガネを別途購入して電子書籍を読む方法もあります。ブルーライトをカットするメガネは比較的、単価も安く長く利用できるのでお勧め。

利用する電子端末によっては目に優しくなるモード機能などがついているので確認をしてみましょう。


以上のことを意識して電子書籍を読めば紙媒体の本と目疲れに関する度合いは大差ないと感じています。電子版の漫画やコミックを読書する際には是非、意識してみて下さい。

ページの先頭へ